2013年04月06日 (土) | 編集 |
 


久しぶりの時代小説です。
昨年映画化されていますが、
見ていません。

数学が苦手なので分かりづらいこともありましたが、
興味深く読めました。

主人公、渋川春海は真面目で誠実な人柄がいいです。
また、取り巻く登場人物も魅力的です
私の好きな保科正之、そして徳川光圀まで登場します。

挫折の続くなか、日本初の国産暦である「大和暦誕生」
という偉業を成し遂げます。

感情移入してしまっていたので、
「本当によかった」と思いました。

それから、後妻になるえんさんとの関係も素敵です。

最初にえんさんが登場した時、この人と結ばれる
と思ったのですが、すぐにそうにならず…
後に結ばれ時は、とても嬉しかったです

また他の時代小説も読みたくなりました。