『テミスの剣』

2020-12-02




冤罪がテーマの話です。

冤罪の真相を明かされたことによっての
刑事・検事・判事の対応…
やはり組織を守ることが一番なんですね。
ちょっと酷いです。

主人公の刑事の冤罪に対する姿勢、贖罪とは?
を考えさせられる内容でした。

最後はそのまますんなりという結末ではなく
いつものどんでん返しです。

読後感はいいですね。


※この著者(中山七里)で読んだ
『追憶の夜想曲 御子柴礼司』『恩讐の鎮魂曲 御子柴礼司』
『悪徳の輪舞曲』他


コメントの投稿

非公開コメント

中山七里さんの本は、こちらで教えていただいた『恩讐の鎮魂曲』以外は、『夜がどれほど暗くても』しか読んでいません。
先ほど『テミスの剣』の予約を入れておきました。
今からワクワクしています。

声なき声さんへ

早速予約されたんですね。
お役に立てればいいのですが…
私は『夜がどれほど暗くても』は読んでいません^^;
今日から『ヒポクラテスの誓い』を読み始めました。

読み終わりました。
ミステリーものはすべてそうですが、一気に読ませてしまう魔力を持っています。
この作品は、冤罪というあってはならない事柄を取り上げているだけに、重々しい読後感がありました。
本当に最後の最後での「真犯人」発覚は、作者の手腕の鮮やかさを褒めたたえる以外、何もできません。
あの人だとは、全く予想もしていませんでした。

声なき声さんへ

もう読み終わられたんですね。
私も先が気になって一気に読んでしまいました。
テーマは重いですから、たしかに読後感も重くなりますね。
でも、作者のどんでん返しが楽しめてよかったと思います。
カレンダー&月別アーカイブ
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター