2023年01月28日 (土) | 編集 |



シリーズ第2弾。
短編4話です。

京都はよく行きますので、場所を思い浮かべたり
普段から使い慣れている言葉遣いで違和感がなく
読むことができるのがいいです。

メインは祇園祭の話です。
10代の終わりぐらい行ったおぼろげな記憶がありますが、
人の多さに疲れそれっきりです。
今回、祇園祭を楽しむことができました。

大ちゃんと塔太郎君、これから進展するのでしょうか…?


※この著者(天花寺さやか)で読んだ
『京都府警あやかし課の事件簿

2023年01月17日 (火) | 編集 |



ライトノベルです。
中国を舞台としたシンデレラストーリーですね。

現実社会では難しそうですが…
物語の中では楽しませてもらいました。
こんな皇帝がいたら素敵です。

薬膳のことも少し勉強になったように思います。


※この著者(朝比奈希夜)で読んだ
『死神の初恋 永久の命、それぞれの愛』
『死神の初恋 永久の命、愛満つる夜に願いを』
『霞村四丁目の郵便屋さん』他

2023年01月12日 (木) | 編集 |



善吉さん、カッコいい!
息子の家族のそれぞれの問題を助ける姿が…
お姑の春江さんもいいですね。

火事の真相、普通にお嫁さんの景子さんが怪しい?
いやいや中山さんです、何かある!?
最後に真相が明かされましたが、
そうきたか!と思いました。


※この著者(中山七里)で読んだ
『ドクター・デスの遺産』『能面検事』『翼がなくても』他

2022年12月23日 (金) | 編集 |



大切な人を失った主人公の想い…
以前読んだ『神様の護り猫 最後の願い叶えます』(コチラ)
と同じような話です。
今の私には本当によくわかります。

こういうやりとり…ここでは手紙…で乗り越え、
前に進めるようになっていく姿が描かれています。
そうです、時間が必要なんです。

手紙の配達していたみやびも彼女なりの幸せを
得たようでホッとしたラストでした。


※この著者(朝比奈希夜)で読んだ
『死神の初恋 犠牲の花嫁は愛を招く』
『死神の初恋 永久の命、それぞれの愛』
『死神の初恋 永久の命、愛満つる夜に願いを』他

2022年12月20日 (火) | 編集 |



井原忠政さんは初めてです。

時代小説を読みたい思い買いましたが、
シリーズものでした。
しかも10弾です

最初から読まないと意味がありません。

百姓からのサクセスストーリー、
楽しませてもらいたいですね。