『銀行狐』

2020-07-07




5つの話の短編集、
どれも銀行にまつわるミステリーです。

銀行に勤めていたのでわかることも多く、
読みやすいです。

「ローンカウンター」では連続殺人事件が
銀行とどういう風につながっていくかと
興味がわきました。

「現金その場かぎり」や「口座相違」は
私自身の体験を思い出さずにはいられませんでした。

初期の作品のようですが、
本格的な内容になっていると思いました。


※この著者(池井戸潤)で読んだ
『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『七つの会議』他


『明日の子供たち』

2020-06-18




久しぶりの有川浩さんです。

児童養護施設で働く職員、
そこに暮らす子供たちの現状が描かれています。

私のまったく知らないことばかりで、
児童養護施設に対して持っていたイメージが
間違っていたと教えられました。

そして、あとがきを読んで衝撃を受けました。
フィクションではなかった…と


※この著者(有川浩)で読んだ
『旅猫リポート』『三匹のおっさん』『ラブコメ今昔』他


『警視庁SM班I シークレット・ミッション』

2020-06-04




富樫さんの新しいシリーズです。
SROシリーズと似ていますね。

個性豊かな(組織からはみ出した?)
優れた能力を持つメンバーが揃っています。

今回の事件もSRO同様、猟奇犯罪です。
ちょっとその描写がグロいです。

でも、メンバーのやりとりも面白く
先も気になりテンポよく読めました。


※この著者(富樫倫太郎)で読んだ
『SROVIII-名前のない馬たち』『スカーフェイス3 ブラッドライン 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』『生活安全課0係 ブレイクアウト』他


『天上の葦(上)(下)』

2020-04-08




戦争中の報道統制によって起こった悲劇。
それがまた現代にも起こりつつあるのでは?
と思わさせられるストーリーです。

展開がスリリングで読みごたえがありました。

登場人物もそれぞれいい味を出しています。
鑓水・相馬・修司のシリーズ、
もっと読みたいです。


※この著者(太田愛)で読んだ
『幻夏』『犯罪者(上)(下)』


『雨に殺せば 大阪府警捜査一課シリーズ』

2020-01-30




黒マメコンビシリーズの2作目ですが、
前作の『二度のお別れ』を覚えていません
(2006年9月に読み終えています)

舞台が私の生活エリアなので、
とても入り込め易いです。
大阪弁にも違和感なく…って
かなりベタです。
テンポいい掛け合いが面白いです。

銀行に勤めいたことがありますが、
「浮き貸し」「拘束預金」などは
この小説で初めてよく分かりました。

事件はマメちゃんが一人で解決した感じですね。


この著者(黒川博行)で読んだ
『二度のお別れ』『後妻業』『海の稜線』


banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター