2011年09月01日 (木) | 編集 |
2009年6月17日読み終わりました。




5人の人が一人ずつ、人に言えない秘密を
明かしていきます。
野沢氏が亡くなったため、未完です。
2人が告白したところで終わっています。
続きが読みたかったです。。。

「十三番目の傷」・・・少しホラーっぽい感じ。
「ひたひたと」・・・被害者がいつの間にか加害者に
この2作を読んで思ったことは、最後が凄いです。
人間って怖いです

「群生」はプロットながら読み応えがありました


※この著者(野沢尚)で読んだ
『深紅』『破線のマリス』『魔笛』『砦なき者』