『閉鎖病棟』

2011-09-07

2009年7月6日読み終わりました。




ブログのお友達が紹介されていたので、
読んでみようと思いました。
というのも、私も身内に統合失調症がいます。

統合失調症は2002年に改名されるまでは、
「精神分裂病」と呼ばれていました。
この本の中では、まだそう書かれています。
病名のせいで、誤解や差別もありました。
症状もさまざまです。
でも、誰でもなる可能性のある病気です。

患者の視線で書かれてあり、
優しさ・あたたかさを感じました。
殺人事件は辛い結末ですが、
前途に明るさがある終わり方だと思います。

患者たちが私たち以上に純粋でまともな心の持ち主で
あることを知り…と解説に書かれていますが、
私の身内は、純粋であるがゆえに発症したと思っています。


※その後、この著者(帚木蓬生)で読んだ
『受命』


banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター