2011年09月12日 (月) | 編集 |
2009年7月16日読み終わりました。




鉱山事故で家族を失って単身上京した主人公。
資産家の養女になるというストーリーです。

私が疑い深いのか、
「そんな美味しい話はない何かある
と思いました。
それから、主人公が抱えている過去も
ほぼ予想通りでした。
推理小説として読むと予想がつきます

主人公の心の動きが細かく描かれているのは、
分かりやすいし楽しめました


※この著者(夏樹静子)で読んだ
『天使が消えていく』『見知らぬわが子』
『蒸発―ある愛の終わり―』他