『終末のフール』

2011-09-24

2009年9月2日読み終わりました。




小惑星が衝突し、地球は滅亡…
人はいつか死ぬんだし、皆で一瞬に消えるのなら
寂しくないし、いいじゃないって思いました。
この物語では一瞬に滅亡するのではないですが…

人の寿命はいつまでか分からない。
明日、事故で死ぬかもしれない…
先のことを考えるより今です。
寿命なんて自分で決めるものではないでしょう。

このの中で、ある登場人物が言っています。
「生きられる限り、みっともなくてもいいから生き続ける…」
「死に物狂いで生きるのは、権利じゃなくて、義務だ」

私もそうだと思います。
生き抜くことが大事なんです。


※この著者(伊坂幸太郎)で読んだ
『ラッシュライフ』『グラスホッパー』『死神の精度』他



banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター