『シェエラザード』

2011-11-27

2010年2月20日読み終わりました。

 


作品のモデルになっているのは、
実際に起こった「阿波丸事件」
本書解説より
「阿波丸」は、連合国の要請で捕虜や民間人への救援品の輸送にあたっていた。国際法でその安全が保障されていたにもかかわらず、昭和二十年四月一日夜半、台湾海峡で米国潜水艦クイン・フィッシュ号の攻撃にあい沈没したのである。じつに二〇四四人の命が奪われたという。


この事件も知りませんでした。
この前は『落日燃ゆ』→コチラ
を読んで広田弘毅という人物を初めて知りました。
私は第二次世界大戦について何を知っていたのか
と思いました。
ほとんど何も知らないんです。

ストーリーは現在と過去を交互に描きながら
進んでいきます。
何故「弥勒丸」は沈められたのか
「弥勒丸」の引き揚げ話を持ちこんだ「宋英明」
と言う中国人の老人。
さまざまな人間関係。
読んでいくうちに作品の中に引き込まれていきました。

そして、「弥勒丸」のと弥勒丸の船長をはじめとする
乗組員の高き姿には胸を打たれずにはいられませんで
した

タイトルにもなっている「シェエラザード」
この調べとともに「弥勒丸」は、
深い海へ沈んでいったのです。


※この著者(浅田次郎)で読んだ
『壬生義士伝』『憑神』他


よかったら「シェエラザード」の調べ聴いてみてください

続きを読む




banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター