『青の炎』

2012-04-18




少年犯罪ということだったので読みましたが、
それがテーマではなかったです。
たしかに主人公=犯人は少年です。

貴志氏が好きだという「倒叙推理小説」と言われる
形式で書かれています。

そのため、主人公の心理がとても細かく描かれていて、
かなり感情移入しました。

しかし、結末が切なすぎます
救いがないと思いました。

主人公の少年、優しすぎたのかも…

友達の大門君が言った
「一度火をつけてしまうと、瞋りの炎は際限なく燃え広がり、
やがては、自分自身をも焼き尽くすことになる…」が
心に残りました。


※この著者(貴志祐介)で読んだ
『新世界より』


banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター