2012年05月15日 (火) | 編集 |



デビュー作『告白』が衝撃的なストーリーだったので、
こちらもと思って読みました。

本の紹介に「死体ではなく、死の瞬間が見てみたい…
死体を見たら、死を悟ることができ…」
これを見て、ちょっと怖そう~!!と思いました。

あることをきっかけにすれ違っていた親友どうしの少女、
夏休み中の出来事を和解できて、よかったと思っていたら
それだけで終わりません
『告白』ほどではありませんが、衝撃的なラストでした

登場人物どうしがいろいろ絡み合って繋がっている、
と分かってくるのが、(現実ではありえませんが、)
面白いです


※この著者(湊かなえ)で読んだ 
『告白』