2012年08月23日 (木) | 編集 |
8月23日読売新聞夕刊より
読売新聞 優勝

大阪桐蔭が3-0で光星学院を破り、
4年ぶり3度目の優勝、
史上7校目の春夏連覇を達成!!

おめでとうございます

史上初春夏連続で同じ顔合わせの決勝。

4回に白水選手のソロ本塁打で先制、
5回は相手のエラーもあって2点追加。

藤浪投手は「3年間で1番のピッチング」
14三振2安打完封の試合でした

攻撃面での集中力も素晴らしかったです。

そして、
「昨夏の大阪大会決勝戦のサヨナラ負け」の
経験があったからだと思います。

敗れた光星学院の史上初の3季連続準優勝も
素晴らしいことです


今日はのライブ中継を見ていました。
ちょっと画面が小さくて見づらい、
音声も出せないので(仕事中のため)
分かりづらい状態での観戦でした。