2012年09月15日 (土) | 編集 |



15年前にひとりの女の子が殺害され、
直前まで一緒にいた4人の女の子たちが
被害者の母親に背負わされた十字架。

成長した彼女たちと母親が独白で、
それぞれの贖罪について語っています。

彼女たちの行った贖罪に至るまでの
心理が細かく描かれていると思います。
つい引き込まれて読んでしまいました。

でも、結末…救いはありますが、
それはないのでは
という気持ちになりました。

湊さんの本は読後感が重いです


※この著者(湊かなえ)で読んだ 
『告白』『少女』