2012年11月29日 (木) | 編集 |



第10回小学館文庫小説賞を受賞した
現役医師の夏川草介氏のデビュー作です。

解説にも書かれていましたが、
読み終わった後は温かい気持ちになりました

高度な医療ももちろん必要ですが、
ここのような地域医療も大切だと思いました。
それにしても、劣悪な労働環境です。

癌でなくなったおばあさんの手紙が
涙をさそいました。

主人公の奥さんのハルさんは
宮崎あおいさんのイメージにぴったりです。
って、映画は見てませんけど