2013年06月15日 (土) | 編集 |



電子書籍ではないので、
久しぶりに紙の本を買いました。

今回の湯川准教授はいつも違うと感じながら
読んでいました。

子供が苦手なはずなのに恭平君と仲良くなり、
一緒に実験をしたり宿題の手伝い手助けをしたりと
微笑ましい場面もありました

そして、事故死だと思われた事件ですが、
早い段階で犯人らしき人物が分かりました。

その動機…
過去のいろいろな事が明らかにされていくのは、
読み応えがありました。

ただ子供を巻き込んだのは、納得できません。
真相は明らかになっていますが、罪は…?

最後の湯川准教授の言葉が救いです。


※この著者(東野圭吾)で読んだ
『回廊亭殺人事件』『探偵ガリレオ』『分身』他