2013年08月20日 (火) | 編集 |



気になっていた図書館戦争シリーズ、
読んでみました。

予備知識なしに読み始めたので、
「図書館法」「メディア良化法」

あ~、架空の日本
小説の中に入っていくことができました。

最初は戸惑ってしまいましたが、
面白かったです。

主人公郁をはじめ、主人公を取り巻く人物、
好感がもてます。

図書隊、図書館が図書館法を根拠として
設立した独自の防衛組織ですが、
流石、有川さん自衛隊のような組織です。

好きな本を自由に読めなくなる社会、
現実になったら、私たちはどうするでしょうね…

これからの郁の図書隊での成長と恋愛模様、
楽しみです

今は図書館戦争シリーズ(2)を読んでいます。


※この著者(有川浩)で読んだ
『三匹のおっさん』『ラブコメ今昔』『空飛ぶ広報室』他