2013年09月19日 (木) | 編集 |



図書館戦争シリーズ第2弾です。

主人公郁のその後が気になり、
続けて読んでみました。

今回は小牧、柴崎、手塚の話、
手塚のお兄さんも登場です。

登場人物それぞれの人間模様が描かれて
面白いです

一番のポイントは郁が王子様の正体を
あんな形で知ったことです

熱を出して寝込んでしまった郁がどんな風に
堂上と顔を合わせるのか気になります。

って、続きはもう読んでいます~


※この著者(有川浩)で読んだ
『阪急電車』『クジラの彼』『図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)』他