2013年12月30日 (月) | 編集 |
昨日、父の満中陰法要が無事に終わりました。
年末年始にかかるということで、
五七日忌で忌明けすることにしました。


さて、我が家には家庭用金庫があります。金庫
入っているものといえば、
「権利書」「保険証書」(少額)
あとは年金証書ぐらいです。

ですから、父はダイヤルのはかけていませんでした。
以前はかけていたようですが…

父が亡くなってから何度か開けていましたが、
昨日開けようするとダイヤルが回っていて開きません
何かがぶつかって回ってしまったのかも

何年か前に父から番号を聞いていたので、
やってみましたが開きません

母は「鍵屋さんに来てもらったら?」と言いましたが、
結構お金がかかります。

ネットでダイヤルの回し方を調べてみました。
それでも開きません

聞いていた番号が違うのかな…

鍵屋さんに頼むしかないと思いました。

夜になって、
どこかで金庫のダイヤル番号を書いたものを見た
と思い出しました。

さがしてみるとすぐに見つかりました。

番号は合っていました
開け方が違ったのです。
最初は0からのスタートでした。

今朝、そのやり方ですると、
1回で開きました

こんな何回もダイヤルを回す金庫は
開けたことなかったんです…