2014年06月09日 (月) | 編集 |



三谷幸喜さん書き下ろしの小説です。
映画化されていましたが、観ていません。

歴史小説も結構好きで読んでみましたが、
いつも読んでる歴史小説とはずいぶん違いました。

信長亡き後、その跡目を決める清須会議の模様。
登場人物たちの駆け引きや心理描写が面白いですね

現代語訳でコミカルに描かれているので、
ちょっと軽い感じがします。
でも、「本当にこうだったのでは?」
とも思ったりしました。

とても読みやすいので、
歴史の苦手な人にもいいですね