『片眼の猿』

2017-01-17




最初に見事に思い込まされてしまいました。
その後、ずっとミスリードされ、
最後にそういうことだったのかと気づきました。
でも、読後感はいいです。

主人公の
「眼に見えているものばかりを重視する連中に、俺は興味はない」
の言葉に共感しました。
眼に見えているのは一部でしか過ぎないと思うからです。

登場人物、特にアパートの住人はみんな個性的。
こちらも楽しめました。


※この著者(道尾秀介)で読んだ
『球体の蛇』『水の柩』『ラットマン』他


banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター