2020年02月15日 (土) | 編集 |



最初は美味しい話には裏があると思ったぐらいですが、
真相は一転、二転します。

途中までは解離性障害を持つ主婦文絵の妄想が
引き起こした事件かと思わされました。
ですが、後半は真犯人は誰?誰?という展開で
楽しめました。

秦と菜月の刑事コンビもよかったですね。


※この著者(柚月裕子)で読んだ
『孤狼の血』『慈雨』『蟻の菜園 ‐アントガーデン‐』他