『鹿の王』

2020-01-17




上橋菜穂子さんは初めてです。

壮大なお話でした。
ファンタジーなのですが、
現実的な内容だと思いました。

名前や地名でややこしくて、
読むのに少し混乱しました。

タイトルの「鹿の王」の意味、
ラストシーンが「鹿の王」ですね。
そして、その後が気になります。


コメントの投稿

非公開コメント

上橋菜穂子さんは全くの未知の作家です。
調べてみますと、ファンタジー系がお得意のようです。
この機会に作品に触れておきたいと思いました。

声なき声さんへ

私も本を紹介しているコーナーで知りました。
ちょっと違ったものも読んでみたいと思いました。
機会があれば読んでみてください~
banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

SSL化により置手紙が
使えなくなりました
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター