『追憶の夜想曲 御子柴礼司』

2020-09-26




御子柴礼司シリーズ第2弾。
前作の『贖罪の奏鳴曲』(コチラ)を読み終えて
すぐに買いました。

お金にもならない弁護を他の弁護士から
奪い取ってまでするのは…
衝撃の結末でした。

事件の真相も途中で分かったと思いましたが、
いくつもの裏がありました。

御子柴弁護士の過去が明るみになって
これから先はどうなるんでしょう?

次も買ってあるので早速読むことに
なりそうです。


※この著者(中山七里)で読んだ
『贖罪の奏鳴曲』


コメントの投稿

非公開コメント

No title

弁護士や医師などの職業は、自分の利益を度外視して依頼人や患者のために働かなければならない運命の職業だと思います。
ただ最近は私腹を肥やすことに重点を置いた人も少なくないようですが。

声なき声さんへ

この弁護士の設定は悪徳弁護士なんです。
この事案だけは別、それは過去に関係があるということです。
現実ではありえないと思いますが…
banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます
web拍手
(お名前・URLを残して
くださると嬉しいです♪)
ranking
カレンダー&月別アーカイブ
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター