『笑え、シャイロック』

2021-10-21




銀行員の話です。
債権回収の担当することになった結城、
先輩山賀は凄腕です。
その先輩に鍛えられて
成長していく姿を描いていく?
と思ったら山賀は殺されてミステリー。
犯人は意外な人物でもなく、
どんでん返しではないですね。
別に殺人はいらなかったように感じました。


※この著者(中山七里)で読んだ
『ネメシスの使者』『七色の毒』『おやすみラフマニノフ』他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

図書館に予約しました。
どんでん返しがないのは興味半減ですが、とはいえ中山七里氏一流の筆致がどんな作品を作り上げたかには無関心ではいられません。

No title

今日もサムイです
いきなり12月の寒さって・・・秋はどこに??
体調気をつけてくだされ

No title

お姉さんの容態が気になってました
入院したんだよね
落ち着いてますか?

声なき声さんへ

まだ読まれていなかったのですね。
どんでん返しがなくても十分に楽しめる内容だと思います。
元銀行員の私ですが、債権回収のほうは全く知りませんでした。

タフィー104さんへ

秋はどこへ行ったのでしょう…
でも、来週にはまた季節が戻るようです。
お心遣いありがとうございます。

みゆきんさんへ

心配かけてごめんなさい。
今日報告するけれど
良くないです…

No title

末期の乳がん
自覚症状はなかった?
飛んでって、きっちゃんを抱きしめてあげたい。

みゆきんさんへ

あったと思う…
我慢していた、隠していたのかも…
飛んできて~

No title

幸か不幸か、私は職業人生で債権回収に悩んだことはありません。
債務者にしてみれば、払いたくないのは当然ですが、契約に基づいて厳格に回収する姿勢は大切だと思います。
この作品では、正攻法ではないかもしれませんが多くの秘策が提示されていて、興味深く読むことができました。
まるで池井戸潤さんの本を読んでいるような気分を味わえました。
 
私も殺人事件をからめる必要はなかったと思います。
ミステリー仕立てにする上で、誰かが殺されないといけなかったのかもしれませんが、あまりに動機が貧弱過ぎると感じました。

声なき声さんへ

もう読まれたのですね。
私も縁のない話でしたが、いろいろな手段があるものなのですね。
そうですね、
池井戸潤さんの作品かと錯覚してしまいました。

ミステリーがなくても十分に楽しめると思いました。
カレンダー&月別アーカイブ
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター