2021年11月20日 (土) | 編集 |



前作があったようです。
次回はそれを読んでみたいと思います。

結構長編で読みごたえがあって楽しめました。

個性的な刑事たち、そして女性刑事理那を中心に
元刑事西條の推理も加わり事件解決していきます。

最後のラストのレイの独白が怖いです。


※この著者(貫井徳郎)で読んだ
『慟哭』
コメント
この記事へのコメント
No title
図書館に予約を入れました。
「最後の独白」を想像するだけで、興味がかきたてられます。
順番が来るのが楽しみでなりません。
2021/11/21(Sun) 03:49 | URL  | 声なき声 #JVkJn2nk[ 編集]
No title
ブラックフライデーセールがあちこちですごいです~
あちこち大渋滞の週末です
2021/11/21(Sun) 07:58 | URL  | タフィー104 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2021/11/21(Sun) 14:21 |   |  #[ 編集]
声なき声さんへ
早速予約されましたか~!
何それ!という感じです。
私も前編を読むのが楽しみです。
2021/11/21(Sun) 20:46 | URL  | きっちゃん♪ #-[ 編集]
タフィー104さんへ
ブラックフライデーセール、
そうなんですか~!
この辺りは無縁でかす^^;
2021/11/21(Sun) 20:47 | URL  | きっちゃん♪ #-[ 編集]
No title
感情を抑えた文章でしたが、あまたの登場人物の心の動きをうまく描写していました。
なかなかの筆力だと思います。
ただ、殺人の動機が不明確で、そんな単純な思いでもって人を殺せるのか、との疑問は禁じ得ませんでした。
リアリティの点では若干の難があったのが残念です。
確かにラストの告白には恐ろしいものがありました。
2021/12/04(Sat) 16:27 | URL  | 声なき声 #JVkJn2nk[ 編集]
声なき声さんへ
描写はうまいですよね。
そうですね、殺人の動機がイマイチです。
前作と比べてみたいのですがまだまだ読めていません。
ラストはひとつのどんでん返しでしょうか…?
2021/12/04(Sat) 20:27 | URL  | きっちゃん♪ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可