『ふたたび嗤う淑女』

2022-02-10




『嗤う淑女』の第二弾。
怖い女、健在です。

悪知恵が働きすぎです。
それにしても人はあんなに簡単に騙されるのか?
とも思いました。

今回も最後にどんでん返しです。
というわけでまだ続くようです。
気になります。


※この著者(中山七里)で読んだ
『嗤う淑女』『悪徳の輪舞曲』『テミスの剣』他


コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初の『嗤う淑女』よりも先に読んでいました。
フィクションとはいえ、よくもこれだけ悪事が働けるものだと心が寒くなりました。
といいながら、続編を心待ちにしています(笑)。

声なき声さんへ

そうでしたね。
本当にこれだけいろいろ悪事を考えられるものです。
七里さんが凄いわけですよね。
カレンダー&月別アーカイブ
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター