『ヒポクラテスの憂鬱』

2023-02-14




『ヒポクラテスの誓い』(コチラ)
に続くシリーズ第2弾。

今回も短編ですが繋がっています。
個性豊か登場人物たちです。
特に光崎教授と渡瀬警部。
強烈ですがとても頼りになります。

ストーリー全体に関わてくるコレクター、
そんな動機とは…という感じです。

真琴先生と古手川刑事の恋愛模様も
気になるところです。


※この著者(中山七里)で読んだ
『ネメシスの使者』『七色の毒』『ハーメルンの誘拐魔』他


コメントの投稿

非公開コメント

『ヒポクラテスの誓い』『ヒポクラテスの悔恨』は読みました。
いま、『憂鬱』を予約したところです。
順番が回ってくるのが楽しみです。

声なき声さんへ

これはまだだったのですね。
私は『ヒポクラテスの悔恨』は読みたいです。
楽しみです~

No title

短編集でしたが、私は「五 吊るす」に最も手応えを感じました。
医療面のメカニズムは全くわかりませんでしたので斜め読みに終止したのですが、小手川刑事が真実の追求に血眼になっている姿には心惹かれるものがありました。
まだ年齢も若いですし、人間としても完成していない部分は見受けられますが、それだけに彼のひたむきさが周囲の人の共感を呼んでいったと思います。
 
短編だからか、全般に尻すぼみのきらいがあったのは否めません。
また、私も「コレクター」の動機は肩透かしに感じました。
とはいえ、いつもながらの中山七里さんの筆力に圧倒され、作品の中に引き入れられていったのは間違いありません。

声なき声さんへ

もう読まれたのですね。
小手川刑事の熱血さいいですね。
本当に若さゆのところがありますが…
どの登場人物も個性があって楽しめます。

「コレクター」には強烈なものを期待し過ぎました。
このシリーズは短編のようですね。
また次も読みたいと思います。
カレンダー&月別アーカイブ
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター