『死にゆく者の祈り』

2024-02-29

死にゆく者の祈り


教誨師として出会った死刑囚は学生時代の友人で命の恩人。
しかも冤罪のようです。

真相解明の為に奔走する主人公、
ちょっと越権行為し過ぎではと思いましたが
周りの人に恵まれていましたね。

タイムリミットがありましたので
スリリングさも楽しめました。

最後のどんでん返しは、
犯人がえっ?という感じでした。

冤罪、死刑制度…重いテーマです。


※この著者(中山七里)で読んだ
『魔女は甦る』『ワルツを踊ろう』『合唱 岬洋介の帰還』他


コメントの投稿

非公開コメント

No title

いま図書館に予約を入れました。
タイトルからしてそそられます。
久しぶりの中山七里さんの作品ですので、どんな世界が広がっていくのか、楽しみにしています。

声なき声さんへ

教誨師の話は他の作者で読んだことがあって知っていました。
でも、これは違う角度から描かれていました。
久しぶりの中山七里さん、楽しんでください。

No title

重々しいテーマで展開されていた作品でした。
人間の魂の問題に宗教がどれだけかかわることができるのか、そういった視点からも興味深い内容であったと思います。
そして、いつもの中山七里さんらしい意外なエンディングには、拍手を送りたい気持ちです。
ただ、真犯人の動機があまりに弱すぎて、肩透かしを食らったような気がしましたが。

声なき声さんへ

重々しいテーマですよね。
いろいろな宗教がありますがよりどころにはなると思います。
犯人ではないと予想できましたが、ちゃんとどんでん返しはです。
でも、真犯人がわかった時、あんたが?何で?という感じになりました。
カレンダー&月別アーカイブ
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター