『憑神』

2011-02-10

2007年11月3日読み終わりました。




面白いと紹介されていましたので、
単に面白いだけと思っていました。

憑神=貧乏神などに取り憑かれて、
オロオロする情けない人の話
くらいのイメージでした。

でも、もっと中身の濃いでした。
御徒士という下級武士の物語で、
その日常が詳しく描かれていました

人は何の為に生き、何が幸せなのか
がテーマになっています。

「限りある命が虚しいのではない。
限りある命ゆえに輝かしいのだ。」
と主人公が言った言葉が胸に残りました。

お薦めの一冊です。


※この著者(浅田次郎)で読んだ
『地下鉄(メトロ)に乗って』『壬生義士伝(上)』『壬生義士伝(下)』他



カレンダー&月別アーカイブ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
『最後の言い訳』 『Myself~風になりたい~ 』 『僕のそばに』
お気に入り
リンク
カウンター